TENVIS(テンビス)IPROBOT3

ペット監視用カメラ(買い替え編)

TENVIS(テンビス)IPROBOT3(WH)ホワイト Wireless Network Camera
代理店:株式会社 FIRESTAR(ファイアスター)版(JAN:4581281317996)

14072001.jpg14072002.jpg14072003.jpg14072004.jpg

付属品;本体、ACアダプタ、ネットワークケーブル、壁掛けスタンド(取り付けネジ)、
取扱い説明書(日本語)、Quick Start Guide(英語)、CR-ROM
製品に付属しているものとは異なりますが代理店のページにPDF取説があります。


中華製ネットワークカメラ。TENVISメーカーページ(英語)
今までは、国内メーカーのPLANEX製のカメラを使っていたのですが、
先日電源が入らなくなったため、購入いたしました。
tenvis iprobot3
通販:Amazon(アマゾン) / Yahoo!ショッピングで検索 / 楽天市場で検索

口コミなどを見ると、あたりはずれがあり、あまり良い評判はないのですが、
国内メーカーに比べると、かなり安く、半額以下で手に入るのです。

設定はいたって簡単でした。
付属のCD-ROMを入れると、メニューが起動、自動再生をOFFしている場合は、
マイコンピューターのCD-ROM(InstallationCDMHP1.0JP)をダブルクリック

14072101.jpg

日本語向けのはずがいきなり文字化け、さすが中華製です。

左上のアイコンはクリックすると、メーカーのダウンロードサイトにつながるリンク
※リンク先は「JPT3815W 2013/2014」でした、ダウンロードしてインストールする場合、
  modelから「IPROBOT 3」を選んで「IP Camera Search Tool (New)」を、
  ダウンロードしてインストール。(CD必要ないやん。)
真ん中はCDを開くボタン、一番下は「終了」です。
右側の一番上がwindowsのアプリが入ったフォルダーが開くだけ、
その下はWindowsだと文字化けアラートが出るだけで何もできません。
上2番目から、APPLE用、Andoroid用、iPhone用のフォルダが開くだけでしょう。

ブッキーはダウンロードせず、CDから、「Windows PC」フォルダを開いて、
「TENVIS Search Tool」をインストールしました。

インストールが終わったら、カメラを有線でルーターに接続し、電源を入れる。
ディスクトップ上にある「「TENVIS Search Tool」」アイコンをダブルクリック。

14072102.jpg

正しく接続できていれば、S/N カメラ名、IPアドレス(ローカルIP)が表示される。
IPなど詳細設定が必要な場合は、カメラ名をクリックして、
「カメラのネットワーク設定を行います」のチェックボックスをクリックすると、

14072103.jpg

IPアドレス、ポートの設定、ユーザー名、パスワードの設定が可能、
セキュリティーのため、ユーザー名と、パスワードは変更しましょう。

カメラを選択して、「開く」か、カメラ名をダブルクリックするとブラウザーが開き、
設定したユーザー名とパスを入れると、カメラのコントロール画面が開きます。

初回起動時は、プラグインのインストールが必要です、画面に従いインストール。

14072104.jpg

PCでカメラの画像が確認できました。有線の接続であれば、
特に難しい設定もなく、ここまでたどり着けました。

次にスマホの設定です。
GooglePlayから「NEW TENVIS」をインストール、
起動するとメールアドレスと、パスワードを要求してきます、
「新規登録」をクリックして、メアドとパスワードを登録します。
※特に認証など必要ないです、メアドとパスワードを入力すると手続き完了。

サインインして、マイカメラの(+)プラスでカメラの追加、
QRコードをタップすると、スマホのカメラが起動するので、
ネットワークカメラの裏にある、QRコードを映すカメラのIDが読み込まれる、
読み込まれたら、カメラのパスワードを入力して、登録完了。
※パスを変更していない場合は、初期値で使用であっけなく接続できます。

14072105.jpg


iPhoneの場合は、App Storeから「NEW TENVIS」をインストール、
あとは、あんどろと同じ手順だと思います。
※相方のiPhoneでインストールしたのですが、同じメアドでログインした場合は、
  あんどろで設定した内容がそのまま呼び出されたので、即つながりました。

ここまで来て気が付きました、PCで接続する必要性はないようです、
有線なら、カメラをネットワークに繋ぐ、電源を入れる、スマホのアプリをインストール、
メアドとパスを登録して、カメラを追加、カメラ本体の裏にあるQRコードを読み込んで、
接続完了できるでしょう。

無線接続の場合、無線ルーターが「WPS」に対応していれば、PCなしで、
無線接続ができるので、やっぱりPCなしでもなんとかなりそうです。
ルーターが「WPS」に対応していない場合は、PCが必要になるのか?
※無線接続は試していません、とりあえず有線での確認しかしてません。

総評
画質は以前使っていた、PLANEX製とそれほど変わりませんでした、
そこそこの画質です。初回はレンズに貼られていた保護フィルムに気づかず、
フォーカスが甘い、ピンボケ画像でしたが、ブッキーがーボケてました、
フィルムをはがしたら、くっきり映りました。

カメラのパン速度は結構良い感じですが、動く間隔が決まっているので、
丁度の位置に止められないことがあります。

双方通信ではないですが、音声の送受信が可能、
カメラの設置してあるところの音を聞くか、
スマホから音声を送信することも可能です。
※音質はひどかった。

気になる点、赤外線の ON OFF の際に「カッチ」っとリレー音みたいな音がする。
カメラを下に向けたとき、本体のスタンドが邪魔して、下に死角がある。
今のところは、この位です。

基本接続はP2Pで、IPアドレスなど気にしなくても外からの接続が可能です。
※メーカー(TENVIS)のサービスが終了しない限り使えます。
Skype とか msnメッセンジャー と同じような仕組みです、たぶん。

カメラの設定を見ると、対応のサービスは知らないものばかりでしたが、
DDNSの項目も一応ありました。

国内メーカーのネットワークカメラに比べると、安く手に入ります、
一応日本語の説明書もついて、ソフトも日本語対応です。
よっぽどハマらなければ、すんなり使えると思います。
中華製なので品質、初期不良などが心配ですが・・・

お出かけ時のマサル(仮名)の見守りカメラとしては、
初期不良もなく、問題なく使える代物でした。
あとは耐久性が心配ですが、こればっかりは、使ってみないとわかりませんね。
今のところは、満足のいく買い物でございました。

tenvis iprobot3
通販:Amazon(アマゾン) / Yahoo!ショッピングで検索 / 楽天市場で検索

14072011.jpg14072012.jpg
14072013.jpg14072014.jpg
マサル(仮名)あたらしい かめらで きねんさつえいにゃー






今のところ大きなトラブルもなく、使えています。
難点はP2P接続のためスマホの「NEW TENVIS」を起動した際、
ログインができなくことが多々あります、P2P接続ができません。
時間をおいて再接続すれば、繋がります、サーバーのトラフィックでしょうか、
中華クオリティーなのでその辺は、割り切るしかないかな。

突然のサービス終了がなければ、まあ良いでしょう。

パソコンから、DDNS経由で接続するには問題ないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブッキー

Author:ブッキー
パソコン歴は長いが、ぶろぐは初挑戦、
HPも作成したことがない初心者です。

試行錯誤でまたり更新していきます。

マサル(仮名)ねこ マンチカン おんなのこ

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
since 2013/12/15
広告